MOTO(モト)

News & Topics
紹介文

MOTOは、レザーアーティスト 本池秀夫を父に持ち、幼い頃から革細工に慣れしんだ本池大介・本池作人の兄弟を主軸としたファクトリーブランド。
伝統的なクラフトワークをベースにして、シンプルながら革の特性を活かしたプロダクトを展開。


もっと詳しく
電話番号03-3407-5836
Eメール
郵便番号107-0061
所在地 東京都港区北青山3-10-2
定休日
営業時間 11:00 ~ 20:00
デザイナー
設立
ホームページhttp://www.motostyle.jp
ブログhttp://motostyle1971.blogspot.com
オンラインショップhttp://store-motostyle.jp/?mode=cate&cbid=1349946&csid=0&sort=n
Facebookhttps://www.facebook.com/motostyle1971/
Twitter
Instagramhttps://www.instagram.com/moto_silver_jewelry/?hl=ja
その他関連URL等
取り扱い店舗

【直営店】
《東京》
LEATHER & SILVER MOTO(モト)

《鳥取》
LEATHER & SILVER MOTO(モト)

​《岡山》
MOTOSTYLE-STORE 岡山店(モト)

ブランド紹介(詳細)

1971年、本池秀夫はオーダーメイド中心のレザーブランド、LEATHERARTS & CRAFTS MOTOを創業。
その後、ヨーロッパへ放浪の旅に出かけ、旅先のイタリアで古い陶器の人形に出会い、人形師への道を決めた。
帰国後、あくまで革という素材にこだわり、師匠も手本もなく、ただ作りたいという情熱とイメージを頼りに道具作りから始めた。
日々の試行錯誤を重ねた結果、アーリーアメリカンの古き良き時代の人々の生活を描き続けた画家ノーマンロックウェル氏のノスタルジックな世界とイタリアで出会った磁器人形のリアリズムが同居したような作品が出来上がった。
1976年、アメリカ建国200年祭の折、ノーマンロックウェル展が東京で開催され、本池秀夫の人形が共に展示された。
これが<革の人形>という新しいジャンルが世に出るきっかけとなった。
1997年、レザーアーティスト本池秀夫を父に持ち、幼い頃から革に慣れ親しんで育った本池大介、作人兄弟によってLEATHER & SILVER MOTOが始まる。
革細工に加え、大介はイタリア・フィレンチェで学んだ彫金技術を活かし、作人はアカデミックな彫刻を学んできた経験を活かし、伝統と革新をテーマにプロダクトを発信している。
2011年、設立40周年を迎え、MOTOのROOTS(本池秀夫のライフスタイル)を提示するプロジェクト「MOTOR」を始める。
人形作品に見られるアンティークの世界観から、趣味であるモーターサイクルカルチャー、物作りに影響を受けたミリタリーやネイティブアメリカンなどをテーマに本池秀夫のディレクションの基、プロダクトを発表。
2013年、「MOTO」と実験室を意味する「LABORATORY」を組み合わせてネーミングしたプロジェクト「MOTORATORY」を始める。
MOTOの40年の歴史から培った技術を継承しながら、新たな挑戦と実験的な試みを目的とした表現の場である。

最終更新日:2019-01-31

関連ページ

  1. DICKY&GRANDMASTER(ディッキーアンドグランドマスター)

  2. 罠兎(ワナウサギ)

  3. Dr MONROE(ドクターモンロー)

  4. DF TOKYO(ディーエフトウキョウ)

  5. BLUE ROSE(ブルーローズ)

  6. ZOCALO 原宿店(ソカロ)

  7. COPA(コパ)

  8. GALLERY REFUSE(ギャラリー リフューズ)

  9. GRYPHON(グリフォン)